入賞
3,000
500
300
参加賞
10
期日
1年前
募集人数
43人 / 50人

下北沢を舞台にした新アニメ、『下北ラプソティなんだな』の内容について教えてください。

終了済

概要

依頼者:某IT企業

下北沢の活性化の一翼を担うアニメ、「下北ラプソティなんだな」の内容のあらすじを教えてください。

入賞エントリー・総評

下北沢で美容師として店を構えた女性とそこを訪れる様々な客との会話から、オムニバス形式で描く下北沢に生きる人々の物語

下北沢には様々な個人店舗があり、それぞれの魅力とこだわりを感じられたことをよく覚えている。アニメーションにするなら、そうした人々の生活を描いて、街の魅力を発信したい。 そこで美容室を物語の中心に据えて物語を展開する。下北沢で様々に活躍する人々は忙しい生活を送りながら、同じくこだわりを感じられるその美容室に足を運ぶ。それはひとときの休憩時間であり、互いの記憶や思いを共有する時間でもある。主人公たる女性はいつも聞き手であり、客の語る出来事(こちらをアニメーションとして描く)を引き出し続ける。 変わりゆく下北沢の中で経営を続けること、昔馴染みのバンドマンが売れて現れなくなったこと、逆に夢を諦めて去っていった人々の物語……そうした語りが積み重なって、物語の最後に美容師の女性自身の物語が始まる。 女性はレズビアンであり、美容学校時代の同期に恋をしていた。しかしノーマルの相手に想いが届くことはなく、相手は原宿の人気美容室で修行をし、店を構えようと励んでいる。主人公はよく彼女と訪れた街でもある下北沢に、その思い出を引きずるように出店してしまったのであった。しかしそれぞれの物語が描いた哀愁と輝きあふれる下北沢に自分の居場所を確信する。自分もまたこの街の魅力になろうと考えを改めると、彼女は自分自身の長かった髪を切るのだった。 そして翌日、憂いのなくなった笑顔で新たな客を迎えるのだ。

下北沢には様々な個人店舗があり、それぞれの魅力とこだわりを感じられたことをよく覚えている。アニメーションにするなら、そうした人々の生活を描いて、街の魅力を発信したい。

そこで美容室を物語の中心に据えて物語を展開する。下北沢で様々に活躍する人々は忙しい生活を送りながら、同じくこだわりを感じられるその美容室に足を運ぶ。それはひとときの休憩時間であり、互いの記憶や思いを共有する時間でもある。主人公たる女性はいつも聞き手であり、客の語る出来事(こちらをアニメーションとして描く)を引き出し続ける。
変わりゆく下北沢の中で経営を続けること、昔馴染みのバンドマンが売れて現れなくなったこと、逆に夢を諦めて去っていった人々の物語……そうした語りが積み重なって、物語の最後に美容師の女性自身の物語が始まる。
女性はレズビアンであり、美容学校時代の同期に恋をしていた。しかしノーマルの相手に想いが届くことはなく、相手は原宿の人気美容室で修行をし、店を構えようと励んでいる。主人公はよく彼女と訪れた街でもある下北沢に、その思い出を引きずるように出店してしまったのであった。しかしそれぞれの物語が描いた哀愁と輝きあふれる下北沢に自分の居場所を確信する。自分もまたこの街の魅力になろうと考えを改めると、彼女は自分自身の長かった髪を切るのだった。
そして翌日、憂いのなくなった笑顔で新たな客を迎えるのだ。

総評
長らく審査が遅れておりまして申し訳ございませんでした!
受賞作品はこちらです。

金賞の作品『所沢太郎』は、設定の面白さに感動さえ覚えました。
今回こちらの構成を連載漫画化し、弊社のTwitterアカウントにて毎週ストーリーを募集していくことを決めました。
第一話は11月中旬にUP予定です。
https://twitter.com/rayout_inc

※ LINEPayにて換金がまだの方、是非是非申請してみてください。
あわよくば下北沢のコンビニなどでお金を落としていただけると幸いです。笑

回答一覧

2020/09/19
2020/09/04