入賞
300
200
100
参加賞
5
期日
1年前
募集人数
23人 / 50人

あなたが食生活で気をつけていることを教えてください。

終了済

概要

外食や自炊などでは、私たちは何をいつどのように食べるか日々選択しています。そこで、今回はあなたの食生活でどのような部分に気をつけているのかを教えてください。

入賞エントリー・総評

色んな物をちょっとずつ食べる

歳を重ねて食の好みも変わり以前より量を食べられなくなったのでプレート皿に色々な惣菜や料理を小盛りにして多く品目を摂れる様にして以前は一日3食だったのを量を分割し4〜5食に分け食べてます、炭水化物少なめでおかずと野菜を多く食べる様にあとは何より出来るだけ誰かと食べる様にしています

歳を重ねて食の好みも変わり以前より量を食べられなくなったのでプレート皿に色々な惣菜や料理を小盛りにして多く品目を摂れる様にして以前は一日3食だったのを量を分割し4〜5食に分け食べてます、炭水化物少なめでおかずと野菜を多く食べる様にあとは何より出来るだけ誰かと食べる様にしています

如何に食事の質と量のバランスを取るか

生きるうえで必要な栄養素を補う食事ですが、栄養バランスを考えずに暴飲暴食をすると、体重だけでなくホルモンバランスにも影響を与え、心身に支障をきたして身体を壊してしまう事にも繋がりかねません。 ストレスにならない程度にではありますが『如何に食事の質と量のバランスを取るか』、言い換えれば『如何に不必要な食事の量や回数を減らすのか』が大切だと考えます。 コチラに関して、私が実践している事の中で特に重要と考える3点を、下記に紹介致します。 ① 決まった時間帯に食事を摂る 朝・昼・晩の決まった時間帯に食事を摂れば、それで1日の栄養素は十分に足ります。 食品メーカーや飲食店は、如何に食事の回数や量を増やそうかとCMを流しますが、本来であれば「間食」は必要ない食事です。 食事の時間を予め決める習慣を身に付ければ、違う時間帯に「美味しそうなお店」があっても、「美味しそうな食品」が売っていたとしても、衝動買いを避ける事が出来ます。 ② タンパク質を意識した食事にする 意識せずに「ただ美味しいものを食べたい」と思って口にする食べ物のほとんどは、脂質と糖質が多く含まれています。 タンパク質は「腹持ちが良い」食事でもあり、意識しないと不足しがちなたんぱく質を摂り入れる事で、結果として食事量/カロリーも適切に抑える事が出来ます。 肉や魚、豆腐などを食べつつ、糖質・脂質を抑える為にソース類の量は抑えたり、調理法を揚げや炒めよりも焼きや蒸しにする等の工夫も併せて必要と考えます。 ※勿論タンパク質も過剰に摂取すると、腎臓などの臓器に負担がかかる事は念頭に置かねばなりませんが。 ③ 酒・香辛料などの食欲増進を促すモノは極力取らない 飽食の現代において、栄養失調よりも栄養過剰・カロリー過多を気にする必要があります。 その中で「食欲増進」を促す酒や香辛料は、食事量や栄養バランスを「衝動的に」壊してしまう危険性があります。その為、私はなるべく取らない様に心掛けています。 以上、手短にですが3点紹介させて頂きました。

生きるうえで必要な栄養素を補う食事ですが、栄養バランスを考えずに暴飲暴食をすると、体重だけでなくホルモンバランスにも影響を与え、心身に支障をきたして身体を壊してしまう事にも繋がりかねません。

ストレスにならない程度にではありますが『如何に食事の質と量のバランスを取るか』、言い換えれば『如何に不必要な食事の量や回数を減らすのか』が大切だと考えます。

コチラに関して、私が実践している事の中で特に重要と考える3点を、下記に紹介致します。

① 決まった時間帯に食事を摂る
朝・昼・晩の決まった時間帯に食事を摂れば、それで1日の栄養素は十分に足ります。
食品メーカーや飲食店は、如何に食事の回数や量を増やそうかとCMを流しますが、本来であれば「間食」は必要ない食事です。

食事の時間を予め決める習慣を身に付ければ、違う時間帯に「美味しそうなお店」があっても、「美味しそうな食品」が売っていたとしても、衝動買いを避ける事が出来ます。

② タンパク質を意識した食事にする
意識せずに「ただ美味しいものを食べたい」と思って口にする食べ物のほとんどは、脂質と糖質が多く含まれています。

タンパク質は「腹持ちが良い」食事でもあり、意識しないと不足しがちなたんぱく質を摂り入れる事で、結果として食事量/カロリーも適切に抑える事が出来ます。

肉や魚、豆腐などを食べつつ、糖質・脂質を抑える為にソース類の量は抑えたり、調理法を揚げや炒めよりも焼きや蒸しにする等の工夫も併せて必要と考えます。

※勿論タンパク質も過剰に摂取すると、腎臓などの臓器に負担がかかる事は念頭に置かねばなりませんが。


③ 酒・香辛料などの食欲増進を促すモノは極力取らない

飽食の現代において、栄養失調よりも栄養過剰・カロリー過多を気にする必要があります。
その中で「食欲増進」を促す酒や香辛料は、食事量や栄養バランスを「衝動的に」壊してしまう危険性があります。その為、私はなるべく取らない様に心掛けています。

以上、手短にですが3点紹介させて頂きました。

たべたって思うこと

ながら食べやとりあえずで口にしたご飯って私の中で食べた!にカウントされないみたいで、、、笑  どんなたべものも 食べてるって実感しながら食べてます

ながら食べやとりあえずで口にしたご飯って私の中で食べた!にカウントされないみたいで、、、笑 
どんなたべものも 食べてるって実感しながら食べてます

総評
お待たせいたしました!
たくさんのご応募ありがとうございました。

金賞 楽鳴る詩さん
毎日の食事が自分の中で一つの楽しみになるような工夫素敵だと思います。

銀賞 エアロさん
自制の効いた食生活を習慣づけている点、見習わせていただきます!

銅賞 みさきさん
毎日繰り返すことだからこそ、それを実感することはとても大切ですよね。

(入賞や佳作は、その内容が科学的根拠に基づくことを保証するものではない点をご了承ください。)