入賞
200
50
10
参加賞
2
期日
6ヶ月前
募集人数
16人 / 20人

日本一有名なラーメン店に勝ってください

終了済

概要

あなたは開業5年目のとんこつラーメン店の店長です。いよいよ調子が出てきて、常連のお客さんもちらほら目につき始めました。
ところがなんと、向かいに日本一有名なとんこつラーメン屋のチェーン店がオープンしました!開店当初より朝から大行列ができて、自店での客足が遠のき始めています。
さてあなたなら、日本一のとんこつラーメン屋とどう差別化してお客を惹きつけますか?

入賞エントリー・総評

「日本一の前で堂々勝負ラーメン屋」として闘う

あえてこちらが日本一のラーメン屋の前で勝負している体を装う感じです。

あえてこちらが日本一のラーメン屋の前で勝負している体を装う感じです。

ラーメンのサブスクを導入する

1日1杯迄なら1ヶ月○○円など、サブスクリプションを実施するラーメン店としても売り出す。 常連客、「お得かも」と思う客を、変動する収入ではなく固定費として稼ぐ。

1日1杯迄なら1ヶ月○○円など、サブスクリプションを実施するラーメン店としても売り出す。
常連客、「お得かも」と思う客を、変動する収入ではなく固定費として稼ぐ。

自店を日本一有名にする

向かいの店よりも全部自店の方を上にする 外観、敷地面積、内装、味、量、種類、待ち時間、サービス、値段、従業員の質と人数、食器など

向かいの店よりも全部自店の方を上にする
外観、敷地面積、内装、味、量、種類、待ち時間、サービス、値段、従業員の質と人数、食器など

総評
日本一のラーメン店に負けじと戦う、皆様の力強い意気込みが感じられました!

たくさんの素晴らしいアイデアがありましたが、
金賞 : 「日本一に堂々と勝負している」という、一見弱点に見えるものをうまく個性としてアピールする発想が素晴らしかったです。
銀賞 : 現在いろんな点でサブスクが浸透してきている中でラーメンもそれに乗じるというアイデア、「お得」を売りに出す戦略として良い方向性だなと思いました。
銅賞 : 日本一のお店にも負けじと全ての点で勝ってやろうという熱い思いに胸を打たれました。
以上のような点で賞を選ばせていただきました!

ぜひ向かいに超有名なお店ができてしまった全国の飲食店の皆さん、悲しみにくれず、このような方法で強く戦い抜いてください!