入賞
1,000
500
300
参加賞
10
期日
残り4日
募集人数
43人 / 100人

在宅勤務が増えた今、どうやって電気代を節約している?

コンペにエントリーする
  • 概要
在宅勤務が増えお家時間が長くなると、気になるのが電気料金。特にエアコンを使う冬と夏は死活問題です。皆さんは電気代を節約するために何か工夫をしていますか? 我こそは! という工夫・アイデアを教えてください。

つけっぱなしにする

つけ消しすると電気代がかさむため

筋トレ

家で筋トレして体をあたためて暖房代節約

服を多めに着る

服を多めにに着る

家に一人しかいないからできるシンプルな方法

冬はとにかく毛布にくるまる。 夏はとにかく薄着。 人前には出られないくらい。

冬は石油ストーブにやかんをのせて湿度を保つ

夏のエアコンは命に関わるので節約はあきらめる。命あってこそ。冬場は石油ストーブにやかんをのせて湿度を保ちながら省エネするしかないでしょうね

冬は着込むことでエアコンを使わない

夏は「熱中症対策」からエアコン使いますので、冬に特化して書かせて頂きます。 『冬は着込むことでエアコンを使わない』で済みます。何となく電源を入れているエアコンを使わないのが、一番電気代の節約に貢献できます。 化学繊維の進歩により、薄着でも温かいインナーが増えています。 インナーや靴下を組み合わせる事で、動きやすい服装で暖かな格好をする事が容易となりました。 他にも 暖かいスープ類や飲み物を積極的に体内に取り入れる、朝に軽い運動をする事で基礎代謝を維持するなども工夫として取り入れています。

こんにゃく湿布で身体の毒もとり、あたたまる

最近試してみてとても良かったのでエアコンを使わない知恵として良いと思いました

活動をする場所を限定しています

私の場合家に部屋が3つありますが、寝室とテレビの部屋を開けていましたが、テレビの部屋に布団を持ち込んでその部屋を拠点に生活をしていました。テレビの部屋は日当たりも良く日中は電気をつけなくてもとても明るいので電気をつける時間も短くなりました。そうすることで電気代も半額になりました。

着込む

暖房節約のため着込む

着込んで湯たんぽ

とにかくもふもふを着込んで、 腹巻、靴下、湯たんぽ必須で あったかいドリンクを飲んでしのいでます。暖房よりはこたつのほうが電気代が安いです!

温度設定

暖房の温度設定を下げる 一部屋に集まる

なるべく狭い空間で温度調整する

部屋の扉はもちろん、開けっ放しにしがちなリビングの仕切り扉なども閉め、なるべく狭い空間をエアコンで温度調整することで電気代節約になります。

足踏みペダルで運動しながら立って仕事をする

立って仕事をしているので眠たくなることも少ないです。また、ペダルでずっと階段を上っている感覚ですので、太ももから脚にかけて運動になり、筋トレにもなるのとからだも温かく暖房も使うこと無く節電になります。

でも通勤してたらいらんもの食ったり買ったりしてるし相殺

快適に過ごしたい場所を快適に設定する権利を得ているのが在宅勤務の良いところの一つだと思うので、そこはもう電気代とかは諦めて、「通勤してたらもっと金使ってたにちがいない」という仮定で相殺することにしています。

そもそも在宅では無い

接客業の為家にいる時間は変わらない

間接照明で節約かつオシャレ生活! そして電気を消すとときはコンセントから!

電気代を構成する要素を以下とします。 (A)コンセントから共有される電気量 (B)スイッチon/offで供給される電気量 (A)について コンセントから共有される電気量を構成する要素を以下とします。 ①世帯にあるコンセントの数 x ②コンセント利用率 x ③コンセントあたりの利用時間 在宅勤務増加による影響があるのは③となりますが、これは致し方ないことです。 ②を低減することが有効なため、家の中でも自分が居座るエリアを移動する場合はデバイスの電源を操作するのではなく、周辺のコンセントから引っこ抜き、消し忘れを防ぎます。 (B)について スイッチon/offで供給される電気量を以下とします。 ①世帯にあるスイッチの数 x ②スイッチON率 x ③スイッチON状態での利用時間 ②に関しては、お風呂、トイレのシーン以外ではスイッチonにせず生活します。ついつい電気がついていることが当たり前と感じてしまうため、生活全般は間接照明を主体として使用します。 間接照明の利用はAの行動パターンをとるため、上記②③に低減に貢献します。 また、間接照明を使用することはオンライン打ち合わせ越しにオシャレな生活環境をアピールでき副次的効果もあるのでおすすめです。

断熱をする

窓からの冷気をシャットアウトするためにプラダンをくっつけました。

庭にテントとプールを張り在宅勤務

夏だけですが、庭にテントと子供用プールに水を貼りそこで仕事してました。風が通れば家よりも涼しく快適でした。

エアロバイクをこいで電気に変える

運動不足解消と電気代捻出を一石二鳥

電気で節約はしない

自宅に長時間いるんだからどう考えても電気代の節約は出来ない。 でも外出しないということは外食などの交際費は減るのでトータル的には節約になる。 ですので電気代を節約するとうい感覚ではなく他の部分で節約しています。

部屋を間仕切りする

自営業なのでコロナ以前から光熱費等の節約には気を使っています。 エアコン代の節約に関しては、僕の場合は仕事に必要な作業空間が狭いので、部屋を間仕切りしてエアコンが効く範囲を狭めています。

とにかく着込む

暖房は朝の2時間だけ。あとは着込みます。ブランケットは本当に暖かくて重宝しています。モコモコ靴下も有効!

活動時間を減らす

まぁ土日しかできないんですが、寝室からほとんど動かないのでエアコンも使いませんし、電気も寝室の物だけになります。極論ですけどね笑

子供湯たんぽ

寒いときはエアコンではなく、こどもを抱き枕に

雪かきをする。

北国なので、部屋が寒いと感じたら、とにかく外に出て雪かきをしています! 雪かきで火照った身体には、低温が心地よいです。

厚着

冬は裏起毛の肌着を買う。

カーテンやレイアウトを変える

少しでも気密性を上げるためにカーテンを厚いものにかえ、外の壁側に棚を集中させた

全力で節約

テレビを見ない 録画もしない エアコンも使わない  極力厚着をする 靴下も2枚履く 貼るカイロを使う DVDプレイヤーのコンセントを抜いて押し入れにしまう テレビ、プレステ、PC、待機電力のスイッチも全部切る 洗濯も纏め洗い 炊飯器で1度にmaxの量を炊いて小分けにして冷凍 全部の窓とカーテンを全開にして換気扇を使わない 夏は扇風機も使わない 冷えピタを額に貼る 首に保冷剤を巻く 水風呂に旋毛迄浸かる 就寝時は、氷枕をして保冷剤を左胸に乗せる

湯たんぽ

ストーブで沸かしたお湯で湯たんぽを作ります。

会社に出勤

なるべく出勤して電気代を節約する

壁だからわからない

上半身だけ映るリモートで何も見えないので下半身はベットインです あったかい

寒い時は重ね着をする、暑い時は窓を開け冷たい飲み物などを飲む!

今年の東京の冬はめちゃくちゃ寒いというわけではないから、私はもったいなくて暖房をつけられずにいます。そのような時は洋服で調節するようにしています。

猫を飼う。

温かいので湯たんぽになります。飼育費がかかるけれど、在宅時のQOLが上がってストレスが減れば医療費がへれば結果オーライ。さらには猫の殺処分を減らせるときました。エコよりニャンコ。

限界まで我慢!!

1度エアコンをつけると切れなくなってしまうので、寒さの限界まで我慢してます!

エアコン+サーキュレーターの活用

エアコンを長時間つかっても、部屋が広いと効果が出るまでに時間がかかることが多い。サーキュレーターを使えば冷房、暖房どちらもすぐに部屋全体に行き渡らせることができ、効率アップする。

「湯たんぽ」を4つ使って簡易こたつ

四隅に湯たんぽを置いて、その上に蒲団をかけて、板を置く。 湯たんぽを土台にした、簡易こたつで過ごす。

窓に断熱シート

大きな窓に断熱シート(プチプチ)を貼って暖房の効率を上げています。結露予防にもなります。

窓際で生活する

灯りを付けない努力をしています。

節約しています。

暖房の温度は一度下げ、テレビはニュースしか見ないようにしています。

外ばりの防寒対策

暖房をなるべく使わないように、部屋の中でもネックウォーマーと指あき手袋をしてます。あとはブランケットを膝にかけてもこもこのカーディガン着てます。Web会議のときはネックウォーマーはとります笑

ジャンカラ(カラオケ店)にいく

思ってる以上に今カラオケ店は安いです。いまもいます。